青の洞窟・沖縄ダイビングスポットの体験・感想

ブツブツサンゴ

2017年12月08日 10時50分

私がお勧めするダイビングスポットは、ラムサール条約で保護化にあり、今は島周辺一帯が国立公園になっている座間味島の前にある無人島のガヒ島から、ボートで5分ほどにある、ブツブツサンゴと言うスポットです。
初めてダイビングをする人がボートに長く乗って、突然深い海に潜ると言うのには抵抗があると思います。ですが、このポイントは船に乗る時間も短く、たくさんの魚とサンゴが浅瀬で見られ、透明度も高いので初心者の方でも楽しめます。
水深 9メートル辺りにコモンシロコサンゴと言う大きな白い石のようなボコボコとしたサンゴが群生しており、スポットの名前の由来となっています。そのサンゴにたくさんの魚が群れ、写真を撮ったりするのにもオススメです。そのまま浅瀬までずっとテーブルサンゴやイソバナなどサンゴの海が広がっており、太陽の光が海の中に差し込みキラキラと輝き、本当にきれいなスポットです。出来るだけこの光景を長く見ていたいそんな場所です。
ガヒ島は無人島ですが上陸することができ、シュノーケリングを楽しむ人もいます。ひざ下の水深でサンゴを見ることができる場所なのです。もし、ダイビングが怖くなってしまって、シュノーケリングに変更しても十分に気軽に楽しめます。